【マンガ】TSUTAYAでコミックレンタル

ふだつきのキョーコちゃん中表紙

「ぼくは麻理のなか」の続きが気になったので、TSUTAYAでコミックレンタルをしました。他には、「ふだつきのキョーコちゃん」、「からかい上手の高木さん」、「あそびあい」、「嘘解きレトリック」、「恋は雨上がりのように」、「我妻さんは俺のヨメ」、「ISUCA」、「クズの本懐」を。10冊700円のところ、20冊だと1000円になるのはお得感ありますね。

借りてよかったもの

気に入った順番から並べてみるとこんな感じに。

  • からかい上手の高木さん
  • ふだつきのキョーコちゃん
  • あそびあい
  • 恋は雨上がりのように
  • 嘘解きレトリック
  • クズの本懐

「からかい上手の高木さん」「ふだつきのキョーコちゃん」は同じ作者で、絵柄や背景などがシンプルで読みやすい。どちらもほのぼのとした気持ちになれて好きな作品になりました。

「あそびあい」は主人公に共感して読むと気持ちが重くなる。もし自分があんな子を好きになったら、心が持ちません。とりあえず、Win-Winだけの関係を良しとする男は嫌いです。

一途な女の子視点からみる「恋は雨上がりのように」は頑張れー、と応援しながら読めます。そういえば高校の時にバイト先の社員(妻子持ちのおじさん)を好きになってた人いたな。今でも理解できませんが。おじさんはいいけど妻子持ちは駄目でしょう。

少女マンガから選んた「嘘解きレトリック」。 とにかく鹿乃子ちゃんが可愛すぎる。メガネ+和服+ショート、完全にタイプです。「クズの本懐」の花火も可愛かった。内容はさておきなんですけどね。

表紙だけじゃわからない

逆に借りなくてもよかったかなーと、思ったのはこの2作品。

  • ISUCA
  • 我妻さんは俺のヨメ

「ISUCA」は内容が好きになれなかった。そのパターンはもうお腹いっぱいって感じで、2016年に読み始めるものじゃない。

展開がダラダラしていて、もういいやと思ったのは、「我妻さんは俺のヨメ」。ノリがギャグっぽいのと、我妻さんがかわいいだけで面白みのない優等生キャラなのが自分には合わなかった。

どちらも表紙をみて女の子が可愛かったから借りましたが、ちょっと失敗しました。

まだまだ他にも読みたいマンガありますし、マンガがマイブームになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。