【C92】コミケに朝から並んで、3日間フル参戦した

c92 購入したもの

【C92】自分用の事前まとめ

2017.08.11

コミックマーケット92に3日間行ってきました。来場者数は、50万人だとか。

初日は、企業を。2日目、同人誌メインで企業を少し。3日目は、同人誌のみを見てきました。

コミケ1日目(企業)

7時15分頃に会場に到着。雨だし、並ぶ位置も微妙で苦痛の待ち時間でした。

開場してから真っ先に向かったのは、冴えカノ♭のブース。

「スタッフお疲れ様本&アンソロジー画集」コミケ限定セット

このコミケ限定セットを”まずは”買うため。

作品人気は高いのに、隅の小さなブースなのか…と、最初から嫌な予感はありました。ブースが小さいということは、会計の数も限られることを意味するので。この嫌な予感は的中、全然列が進まない。最終的に4時間待たされるはめに…。ほぼ売り切れ状態で、本とマルシェバッグ(EGOISTIC-Lily Ver.)を購入。

確かに多くの人が並んでいたけど、あそこまで時間を要するものですかね…。販売体制に欠陥があったとしか思えない。私の周りでは『はぁ…』と、怒りというより呆れに近い溜息がよく聞こえてきました。

時刻はすでに15時近く。諦め気味でしたが、一応他のブースの物販をチェックへ。

「C92アクリルスタンド 魔法使いの夜」

TYPE-MOONは待機列が解消されていて、並びなしでお目当ての物が買えました。”月姫”と”FGO”のアクリルスタンドは完売していたのに、”魔法使いの夜”だけ残っていた。小物しか買ってないのに、TYPE-MOONの特製紙袋をもらえたし、これはラッキーでした。

事後通販だと、値段も違うし送料もかかるので出来れば会場で手に入れたかったのですよ。

冴えカノとTYPE-MOON以外に絶対欲しいものはなく、少し気になっていたものなどは売り切れていたりで、残りの時間は企業ブースを端から端まで見てまわって、1日目は終了しました。

コミケ2日目(同人誌+企業)

どうしても欲しい会場限定の本があったので、早朝から東側の待機列へ。

番号は1-6だったかな。雨模様でしたが昨日の反省を活かすべく、傘とカッパを持参。

安物の折りたたみチェアを展開、カッパを着込み、傘を差す。しばらく小雨が続いたが、この簡易装備のおかげで、少しの肌寒さをたまに感じるくらいなもので、前日とは比べ物にならないほど快適に並べました。

9時45分頃に、123ホールと456ホールの間のシャッター前まで列が動いた。この日の目的は東6ホール、シ36aのリゾートうかみ(ガヴリールドロップアウトの作者のサークル)。新刊表紙のガヴちゃんが可愛すぎるので、絶対欲しいなーって。

リゾートうかみ

10時の開場後、すぐに外の待機列へ。結構な人数並んでましたが、列の進みも速く、程なくして購入できました。委託の本は売り切れていましたけどね(徹夜番号100以内でも無理だったとか)。

ぽんかん

2番目に向かったのは、東1ホール A28a vividcolor。1限になっていたけど、待ち合わせセット(新刊グッズセット+タペストリー)を無事購入できた。表紙のいろはすが微妙なんだよなぁ、と思いつつもぽんかん⑧さんの絵は好きだし、いろはすは俺ガイルで1番好きなキャラなので買う以外の選択肢はなかった…。

目的にしていたものは買えたし、あとは人気サークルや企業ブースの無料配布なんかで残り時間を楽しんだ2日目でした。

コミケ3日目(同人誌)

疲労で眠りを求める身体を無理やり起こし、早朝の東ホール待機列へ。

番号は3-3。2日目とあまり変わらない時間なのに、人数が全然違う。さすがの3日目。
天気は良かったけど、列移動してからがキツかった。人との密着度が高くなって、暑い。身長が平均より高いからまだマシだったけど、身長の低い女性なんかはキツイでしょうね…。何も考えずに空いたからと、真ん中の方に行ったのは失敗だった。

冴えない高瀬の仕事集

初手はおこたんぺこと最後まで迷った結果、東8ホール ほ02b サトステに。結果的にこの選択はミスで、初手おこたんぺこに行っていれば、既刊を2冊とも買えたかもしれない。サトステの後に並んだら、新刊Dreiと既刊Zweiは買えたけど、自分の少し前でPlusの売り切れアナウンスがあったので…。経験と思考能力が不足していたなぁ…。

おこたんぺこ

巡回コースは大まかに、サトステ→おこたんぺこ→Hitenkei→じぇのばけーき(完売)→Mika Pikazo(完売)→その他。欲しいと思っていたものは大体買えました。でも、Mika Pikazo氏を買いそびれるとは…後回しでも買えると思ったのに。

家にいろいろと書き込んだサークル配置図を忘れた時点で、何かミスるのは確定的だったのかも…。人多すぎで3日目は動きにくかったし、めちゃめちゃ疲れました。もうホントに歩けないほどくたくたになっていて、帰る前にベンチで長いこと休憩してたんですね。

そしたら同じように隣のベンチに座ってた子が、仕事の帰りにコミケに立ち寄ったというスーツ風のおじさん二人組に話しかけられて、ドナドナされていった。車で途中まで送るよ、って言われてついて行ってたけど…。悪人っぽい感じはしなかったから、あっても宗教の勧誘だと思うけど、本当に不思議な感じだった。コミュ力高いと普通なの…?愛知だか出身の19歳の社会人で、受け答えがハッキリしてる子だったし何事もなければいいが…。

C92で購入したもの

1日目

C92 1日目

冴えない彼女の育て方♭―「スタッフお疲れ様本&アンソロジー画集」コミケ限定セット

冴えない彼女の育て方♭―「マルシェバッグ EGOISTIC-Lily Ver.」

TYPE-MOON―「C92アクリルスタンド 魔法使いの夜」

ローソン―「冴えない彼女の育て方♭ A4クリアファイルセット」

2日目

C92 2日目

リゾートうかみ―「天使と悪魔のひまつぶし」

vividcolor―「eyecatch.03 待ち合わせセット」

3日目

C92 3日目

サトステ―「冴えない高瀬の仕事集」

おこたんぺこ―「いろいろな何か。”GuP” Zwei」「いろいろな何か。”GuP” Drei」

Hitenkei―「C92 ERINA SET」「LUNARIA」

あさひあげ―「CHAIN:SAW 024」

ranicaronica―「Ranication2」

eterna-radiare―「eterna Vol.14」「eterna Vol.15」

あとがき

今回買った本を一通り見てみた。

1番良かったのは、リゾートうかみの「天使と悪魔のひまつぶし」

内容もガブリール愛に満ちていて、ファンなら確実に幸せな気持ちになれるんですが、表紙が何よりも良い。ポージングが100点。あまりにも可愛いので、この画像をPCの壁紙にしました。

「冴えない高瀬の仕事集」も表紙がヤバイですね。禁じ手や反則に近い何かです、これは。

表紙でワーストなのが、ぽんかん⑧のいろはす本。写真を元にしているらしいけど、3次元っぽさが残りすぎていてアンバランスに見えます…。服装も落ち着きすぎてるかなーと(いろはすにしては)。

その他の本や物ついては、概ね満足。

 

最後に。

C93までに体力つけて、もっとガンガン会場内を端から端まで見て回りたいなと思いました。早朝から活動するのがまず疲れるんだけど、そういった時間から行動しないと不安なんですよね。後で知ったのですけど、朝は始発の時間からが並んでOKだとか。4時半の情報は古かった。この辺の問題も次回から他人事じゃなくなりそう…自分としては、ルールは厳守したいというのが1番。でも、欲しい物を買うために出来ることは最大限したいとも思うし。

とりあえず、お疲れ様でした。会場内の画像とかは次回のブログにアップ予定。こちらにアップしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。