【イベント】第8回湯涌ぼんぼり祭りへ行ってきた

第8回湯涌ぼんぼり祭り

第8回湯涌ぼんぼり祭りに関しましての御注意点
【お知らせ】

明日10月8日(月・祝)に開催を予定しております「第8回湯涌ぼんぼり祭り」に際しまして台風25号の影響により、開催内容の大幅な縮小を余儀なくされました。本年は以下の内容に関しましてはご用意がございません。

「交通・アクセス」

金沢大学臨時駐車場
臨時シャトルバス
湯涌地内での「ぼんぼり祭り来場者」駐車スペース

「金沢湯涌みどりの里」

飲食ブース
休憩スペース
クローク

「ぼんぼり」

扇階段「個人協賛ぼんぼり」
玉泉湖「法人協賛ぼんぼり」

「イベント」

扇階段での「三社員」「ADOPT」「ひぐらし」「金沢学院高校和太鼓部」「ゆのさぎjapan」の皆様のライブイベント

「式典」

湯涌温泉バス停から扇階段までのぼんぼり巡行「神迎え行列」
玉泉湖「神送り式〜お焚き上げの儀」への個人協賛者以外の入場
Ustreamでのインターネット中継

ご迷惑をおかけいたしますが、楽しみにしていらっしゃる大勢の皆様のみならず、地域住民の皆様をはじめとする多くの皆様のご理解の元開催しております故、ご協力をお願い致します。

詳しくはこちらをご覧ください。

湯涌温泉観光協会HPより引用。

8回目を迎えた湯涌ぼんぼり祭りでしたが、今年は台風の影響で例年とは違った雰囲気に。

規模を縮小、日程は順延。それでも開催されたのは喜ばしいことです。

道の駅 砺波→臨時駐車場

道の駅 砺波

前日の夜に湯涌近くの道の駅に着き、そこで一晩を明かしお祭り当日を迎えた。

昼前にTwitterで検索すると、臨時駐車場があるとのことで車で湯涌へ。しかし、湯涌入り口(湯涌温泉温泉協会前)に警備員がいて、車を次々Uターンさせていた。その人が言うには、「湯涌温泉には駐車場がないから、ここでUターンして駅まで戻ってバスできてね」と。言いたいことはわかる。だが、こちらは臨時駐車場があると聞き、敢えて車で来たのだ。その旨を伝えると「それはもうなくなった」の回答。

んー、おかしな感じだ。すでに停めていた車はどうしたんだろう。そもそも、昼に始まるのに昼になくなる駐車場を用意する理由がわからない。

会話後に別ルートで行けることを思い出し、自分の目で確かめることにした。

車を走らせるとやはり臨時駐車場はあった。

臨時駐車場には係員がおり、追い返すどころか空いてるスペースまで誘導された。先程の警備員と湯涌温泉内にいるスタッフは、別系統から指示がなされているのかな。あそこで追い返す理由もわかるし、そうする必要もあったと思う。でも、をついて追い返すのはよろしくない。臨時と名は付くが、正式に用意された駐車場があるのだから。

臨時駐車場

カメラなどの荷物もあるし、購入したものを車にすぐ置けるので駐車場があるのは有難い。こればかりは、順延になったメリットだろう。この臨時駐車場は、私が過ごした時間帯では満車になることはなかったように見えた。

物販購入とnano.RIPEの抽選

物販待機列

到着後は、まず物販列に並んだ。

夕方なら並ばずに買えそうだが、時間が余っていたので。ただ、この列が進まない。後になってわかったがレジは2つ。商品数が多いので、計算や確認に時間がかかっているようだった。

お品書き

並んだのは12時前。13時半頃にポスター2種と湯のみを購入。nano.RIPEのライブの抽選券がもらえるサイダーorお酒販売の列は物販列と別で、当初買う気はなかったがせっかくなので買ってみることにした。

スペシャルライブの抽選引換券

どのような抽選が行われているか見てみると、箱に手を突っ込んで赤色の○か青色の×の玉を出すというもの。2択だったのかな?それを見て感じた、これは単なる2択にしてはダメだと。

玉はよくあるカラーボールだが、この玉についている○と×の印は白いテープで貼られているのだ。攻略法は簡単、箱の中で○か×が貼られている箇所を手で探り○の方を選ぶだけ。×は直線しかないが、○は円になっているので指の感触が確かならば、ほぼ間違いなく○が引けるはず。

nano.RIPEの入場チケット

私でラス1か2のチケットだった。運が良い。nano.RIPEのライブまで時間があったので、湯涌温泉を散歩した。

人の少ない湯涌温泉を散歩

previous arrow
next arrow
Slider

台風の影響で扇階段にぼんぼりはなく、人もまばら。バス停付近の足湯にさえ人がいない。毎年誰かしらいた記憶がある。閉館した秀峰閣が寂しさに拍車をかけていた。

これはこれで、落ち着いた雰囲気があって悪くはないが…。

湯涌ぼんぼり祭り後夜祭 nano.RIPEスペシャルライブ

柵から前は湯涌温泉宿泊者

会場となったのは、湯涌小学校・芝原中学校体育館。

母校でもない学校に入る経験はあまり出来るものでなく、少しテンションは上がっていた。nano.RIPEのことは花咲くいろはで知り、好きな部類ではあるがCDを借りるまでの存在ではなかった。それが、どうだろう。ライブ終了後には好きになっていた、間違いなく。

 

『夢のような今を少しも色褪せずにココロにしまっておけたらいいな』

 

とても良い歌詞だ。影踏みは、この日もっと好きになった。

セットリスト

1.ハナノイロ 2.夢路 3.月影とブランコ 4.ハッチ 5.細胞キオク 6.あおのらくがき 7.面影ワープ
8.ノクチルカ 9.リアルワールド 10.ツマビクヒトリ 11.アザレア 12.パトリシア 13.神様 14.影踏み


previous arrow
next arrow
Slider

ライブ後の景色は、哀愁を漂わせていた。調べてみると、ここの小学校と中学校の生徒数は合わせて30人少々らしい。阪急電車の駅前の小学校と7クラスの中学校だった私には、想像すら出来ない学校生活があるのだろう。正直言って、憧れる。

お焚き上げの儀

玉泉湖の神送り式

扇階段前の演奏は、金沢百万石太鼓演奏のみ。

神送り式は個人協賛者のみの入場ということで、かなり人が少ないようだった。

最後に

第8回ぼんぼり祭り

夜に映える道

台風で寂しい祭りになり、どこか物足りなさを感じましたが、特別な日になったことに変わりはありません。

これで私の湯涌ぼんぼり祭りは4回目。毎年毎年違った何かを感じ、持ち帰れてるように思えます。のぞみ札に書いたことを実現できるような、一年をこれから過ごせていけるよう心がけていきたい。

来年のぼんぼり祭りも必ず行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。